階段昇降機(段差解消機)の呼称

階段昇降機は、いすに座るタイプをいす式階段昇降機と呼び、駅舎に設置されている車いすごと載せるかごつきのものを車いす用階段昇降機と一般的に呼ばれています。

しかし、法律上では車いす用階段昇降機という呼び名ではなく、斜行型段差解消機と呼びます。いす式階段昇降機は法律上も同じ呼び名です。

階段に設置されるのですが、法律上は段差解消機と呼びます。また垂直に昇降するエレベーターと似たタイプを鉛直型段差解消機と呼び、此方は一般的には段差解消機と呼ばれています。

段差解消機とは、文字通り段差を解消するもので、鉛直型段差解消機は、階層をまたぐ(1階~2階)設置は出来ません。あくまでも段差に設置するものになります。但し、斜行型段差解消機は階層をまたいでも問題ありません。

階段昇降機、段差解消機の呼び名が定着した後、法律の呼称が作られたため一般的な呼び名と法律上の呼び名が一緒になっていません。

一般的 法律上 階層設置(1F~2F・・・)
いす式階段昇降機 いす式階段昇降機 可能
車いす用階段昇降機 斜光型段差解消機 可能
段差解消機 鉛直型段差解消機 不可